So-net無料ブログ作成

大谷翔平が菊池雄星と800日ぶり対決で豪快3者連続6号ソロ! [野球]

エンゼルスの大谷翔平投手が8日、本拠地アナハイムで行われたマリナーズ戦に「3番・DH」で先発出場。

岩手・花巻東の先輩にあたるマ軍・菊池雄星投手と米初対決となった試合で、3者連続本塁打となる6号ソロを放つなど5打数3安打2打点と活躍。

チームは12―3で大勝し連敗を2でストップした。

一方、菊池は4回にラステラ、トラウト、大谷に3者連続本塁打されるなどし3回1/3を投げ9安打7失点で今季4敗目を喫した。日本同窓初対決”となった初回2死からの第1打席は1ボール1ストライクから外角スライダーを引っかけたものの、打球は一塁手と二塁手の中間に転がり、俊足を生かして内野安打とした。

大谷がメジャーで日本人投手と対戦するのは、これが3人目で、初安打となった。

2回1死一、二塁からの第2打席は初球の内角球を叩き一ゴロ。

スポンサーリンク



4回無死からの第3打席では、ラステラ、トラウトの本塁打後に打席に入り、左中間に3者連続となる6号ソロ本塁打。

エンゼルスの3者連続本塁打は16年9月3日のマリナーズ戦のカルフーン、トラウト、プホルス以来3シーズンぶり。

大谷の本塁打は、6月5日のアスレチックス戦の4回2死一、二塁に右腕・ペティートから中堅に今季5号3ランを放って以来となった。

また、大谷が菊池から放った一発はデータ解析システム「スタットキャスト」によると打球速度107マイル(約172・2キロ)、同飛距離396フィート(約120・7メートル)、同最高到達点125フィート(約38・1メートル)、同角度35度だった。

マ軍の右腕・スコットと対戦した5回無死一、二塁からの第4打席は、この日3安打目となる右前適時二塁打。

3安打は、5月14日のツインズ戦メジャー6度目。

左腕・リドルと対戦した第5打席は2ストライクから外角スライダーに一ゴロだった。

菊池との対戦は800日ぶりで、日本時代は、3連続三振後に右翼への二塁打と右前打を放ち、5打数2安打3三振だった。 スポンサーリンク

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。