So-net無料ブログ作成

大船渡・佐々木10K完封!夏に向けフォーク解禁 [野球]

練習試合 大船渡7―0盛岡商(2019年5月25日 北上市民江釣子)

 最速163キロを誇る大船渡の佐々木朗希投手(3年)が25日、岩手県北上市内で行われた盛岡商との練習試合に先発し、今年最長の9回を投げ、完封勝利を挙げた。夏の大会での連投を見据えた変化球中心の投球スタイル。直球の最速は145キロながら、わずか2安打で10三振を奪った。特にさえたのがフォークだ。前回先発した11日の紫波総合戦の4球から一気に20球に増え、4三振を奪った。1メートル90の長身右腕。空振り三振を喫した盛岡商の4番・千葉は「落差が凄くて打てなかった。(リリースポイントが)高くて膝元の球だと思ったら、振った瞬間に消えていた」と驚きを隠せなかった。

 今年初の100球超えとなる113球。視察した阪神の葛西稔スカウトは「(4月と比較して)変化球の精度が上がっている」と評価した。打撃でも3打数2安打と活躍した。春季岩手県大会は初戦で敗れて夏はノーシードから始まるが、最後の夏に向けて着実に成長を続けている。 スポンサーリンク

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。