So-net無料ブログ作成

あまちゃん6年経過も大人気!“北三陸” で、いまだ冷めないご当地熱を体験 [芸能]

 “聖地巡礼”ブームは、いまだ衰えを知らない。朝ドラもご多分に漏れず、放送が始まるとご当地には観光客が増えるという。

数年にわたって観光客が殺到
 現在放送中の『なつぞら』の舞台に選ばれた北海道の十勝。このようなブームに合わせ地元では、さっそく『なつぞら応援推進協議会』が立ち上がっていた。「ヒロイン・なつが育った柴田牧場の場所こそ秘密ですが、市内数か所でパネル展を開催。ロケ写真や衣装・小道具の展示をはじめ、お土産も販売。またネットでは牧場巡り、ガーデン巡り、グルメ・スポットを公開するなど、夏に向けておもてなしの準備を進めています」(帯広市役所観光課・柴山英介さん)

 町おこしの視点からみても、朝ドラの影響力は大きい。今回、週刊女性が行った“好きな朝ドラは?”のアンケートで4位に入った『ちゅらさん』('01 年)は、沖縄の観光客減少に歯止めをかけ、再び沖縄ブームを巻き起こすきっかけにもなったという。

「小浜島は、朝ドラの舞台になるまでは訪ねる人もまれでしたが、放送開始後、観光客が殺到。そんな状態が3年続きました。西表島を望むロケ地には“ちゅらさんの碑”が今も残っています」(竹富島町役場政策推進課・上地朝奈さん)

 そして“朝ドラのロケ地”として忘れてはならないのが、同アンケートで1位に輝いた『あまちゃん』('13年)や『どんど晴れ』('07年)の舞台となった岩手県。特に『あまちゃん』の舞台となった三陸復興国立公園には今も大勢の観光客が訪れているという。

 そして今年、東日本大震災からの復興の大きな一歩として、釜石~宮古間の復旧区間が全線開通し、3月23日に南リアス線と北リアス線がつながった。

 週刊女性取材班は今回、桜前線とともに日本列島を北上。思い出の『あまちゃん』ロケ地の“今”を徹底取材した。

スポンサーリンク



 東京から東北新幹線で青森県八戸までおよそ3時間、さらにJR八戸線で三陸海岸を下ること2時間、そこは『あまちゃん』の“じぇじぇじぇの国”への玄関口、久慈駅。

 噴水広場の真ん前には、作中で『北三陸観光協会』が入っていた旧・久慈駅前デパートがお出迎え。今はテナントも入っていない無人ビルだが、見覚えのある“北の海女”“北三陸鉄道”“潮騒のメモリーズ”の3連看板が、『あまちゃん』の世界へとわれわれを誘う。

「東日本大震災のあった2011年には5000人を割り込んでいた『海女センター』の入場者数が、『あまちゃん』が放送された年にはなんと20万人を突破。番組が終わった今も、夏の海女フェス、秋祭りの時期を中心に5万人を超えるファンのみなさまが来られています」

 と、市役所の観光交流課の米内千織さんは当時を振り返りながら、日本人だけでなく海外からのファンも含めた現在も続く人気ぶりについてこう続ける。

「『あまちゃん』は海外でも10か国で放送され、特に親日的な台湾では3回も放送される人気ぶり。地域を訪れるみなさまのために、バスの増便や遊覧船の運行なども行われました」

本物の“じぇじぇじぇ”を堪能
 衰えを知らぬ『あまちゃん』効果。でも、放送終了から6年もたっているから……、とその人気に疑心暗鬼になりつつ、足を向けたのは“北限の海女”が暮らすメインロケ地『袖が浜』こと小袖漁港。

 宮本信子が演じた夏ばっぱをはじめ、海女さんたちが、『いつでも夢を』を口ずさんでいた小袖漁港は夫婦岩をはじめワイルドな奇岩に囲まれた“北限の海女”の聖地。長い堤防の先には、ヒロインのアキが飛び込んだ白い灯台も見える。

 そして、ドラマでも“おかずかおやつかわからない微妙な食べ物”として登場した郷土料理『まめぶ汁』を小袖海女センターで味わう。海女センターで働く本物の海女さんに、思っていたより美味しい、と伝えると─、

「じぇじぇじぇっ! こんなにうまいものになんてこと言うの!」

 と、本物の“じぇじぇじぇ”とともにお叱りを受けてしまった。クルミや黒糖を包んだ団子を昆布と煮干しのだしで煮込んだ料理、恐るべし。その海女さんたちに『あまちゃん』人気のことを聞くと、

「今日も朝9時に、台湾からの団体のお客さんが観光バスで来てくれたよ。ロケ地ということでみなさん、楽しんでくれてますね。今はウニのシーズンではないから、おいしいウニを出せないけど、ほかにも海の幸はありますから」

 でも、やっぱりおいしいウニが食べたい……。と、そのとき思い出したのがドラマでも人気だった夏ばっぱのうに丼。モデルとなった弁当が、三陸鉄道久慈駅で駅弁として売られていたはず!

 急いで向かった先は、駅内のそば屋さん『三陸リアス亭』。店頭販売は1日20個限定だが、電話予約ができるというのはちょっとした裏技。ここのうに弁当は、ウニの煮汁で炊いたごはんの上に、三陸産の蒸しウニをびっしりと敷き詰めてある。

「ごはんをお父さんに詰めてもらって、私ともう1人でウニをのせているの。手作りだから数も限られちゃう」

 こう話すのは夏ばっぱのモデルにもなった工藤クニエさん(79)。夫・清雄さんと、1984年に三陸鉄道が開通した当時から守り続けてきた味。夏ばっぱにも会え、おいしいウニとともに『あまちゃん』の世界を堪能できる、この場所はロケ地巡りではずせません。

切なさ全開の神シーンの舞台へ
 翌朝、ドラマでも名シーンが山盛りで“走る聖地”とも呼ぶことができる『北三陸鉄道』(北鉄)こと三陸鉄道に乗って『あまちゃん』ゆかりの地を目指す。撮影当時、ロケ隊にも同行して現場を見続けていたという三陸鉄道旅客営業部長の橋上和司さんは、

「3月23日の全線開通は、震災復興のシンボルだけにメディアも40社100人が殺到。電車通学が夢だった女の子が高校を卒業したにもかかわらず制服姿で乗ってくるなど、ドラマのようなことがありました」

 と、目を細める。

 久慈を出て最初に降り立ったのは、袖が浜の最寄り駅『袖が浜駅』として『あまちゃん』に登場する堀内駅。

 ヒロイン・アキの親友ユイちゃん(橋本愛)が、

「アイドルになりた〜い!」

 と駅のホームから叫ぶシーンで有名になった駅だ。しかも、ここから今でも語り継がれる名場面の舞台は目と鼻の先。その名場面とは、みんなの反対を押し切り、アイドルを目指して上京する春子(小泉今日子)を乗せた『北鉄』が、大沢橋梁に差しかかる。

 するとそこには、浜で大漁旗を振って見送る夏ばっぱの姿が! ところが、春子は後ろを向いたまま、夏ばっぱに気づかない─。

 なんとも切ないシーンの撮影場所は、堀内駅から歩いて10分ほど。訪れたこの日、潮の香りとともに桜が咲き、菜の花やレンギョウが咲き乱れる聖地には、なにやら甘酸っぱいトキメキがあふれていた。

撮影秘話にほっこり
 再び『北鉄』に乗ること30分。ユイちゃんの家の最寄り駅『畑野駅』として登場するカラフルな田野畑駅に到着。実はこの駅舎のすぐ目の前にあるトンネルで、ラストシーンとなるアキとユイが手にサイリウムを持ってトンネルに向かって走っていく名場面が撮影されている。

「ラストシーンは、あのトンネルと、もうひとつ白井海岸のトンネルを使って撮影されました。何度もテイクを重ねたため、彼女たちが疲れないよう、スタート地点までわれわれが鉄道のトロッコに2人を乗せて何度も往復しました(笑)」(橋上さん)

 また、お座敷列車の撮影ではこんな苦労話も。

「アキちゃん、ユイちゃんが歌う『潮騒のメモリー』で、♪アイラブユーの“ユー”のタイミングでトンネルを出なければならなかったんです。2テイク撮ったのですが、実はまだほんの少しずれていたんです。もしスピンオフ企画があれば、今度はピタッとキメてみせますよ」(橋上さん)

 ほかにも久慈駅からほど近い『喫茶リアス』のモデルとなった喫茶モカでは、

「この店でキョンキョンが卵サンド食べていたよね」

 と、語るファンのカップルがいたり、いまだ『あまちゃん』熱は冷めていないよう。

 放送終了後も楽しめる“聖地巡礼”がアツくなる次の朝ドラは、どんな作品!? スポンサーリンク

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。